【東久留米市】コロナで犬猫の譲渡会が相次いで中止に。ボランティア団体「HAS」では個別にお見合い対応をしています

新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、保護犬・保護猫たちの譲渡会開催が困難となっています。

譲渡ができない状況が続けば、新たに保護することができなくなり、「殺処分ゼロ」に向けた取り組みが後退する可能性も出てきてしまいます。

また、新たな飼い主さんとの出会う機会が奪われてしまうことで、多くの保護団体では収容数の限界が近づき、資金・人手不足の問題に悩まされているそう。

コロナの影響は猫にも

画像はイメージです

現在、東久留米市で猫の保護活動をしているボランティア団体「HAS」でも、コロナウイルス感染症対策により、譲渡会の開催ができない状況が続いています。

そのため、里親希望者さまと感染症対策をしながら個別にお見合い対応を行なっているとのこと。里親さん募集中の猫たちの情報はこちらになります。

※「HAS(Home Animal Society)」は東久留米市を中心に、猫の里親探し・保護活動を行っている非営利のボランティア団体です。「東久留米市社会福祉協議会登録団体」として寄付金やバザーの売上げから活動資金を得てボランティア活動を行なっています。

HASホームページ猫画像はHPより(掲載許可済)

なお、譲渡会中止に伴い猫の保護が長期化し、保護費に負担がかかっており、キャットフード、特にウェットフードの寄付を募っています

併わせて「HAS」では、シェルターにいる保護猫のお世話預かりボランティアを募集しているとのことです。

猫を助けたい、協力したい、迎え入れたいという方は「HAS」のブログInstagramもぜひチェックしてみてください。

2020/05/04 07:30 2020/05/04 07:30
sakamoko

号外NETの広告出稿はこちら

号外NETメルマガ

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外net 全国で地域ライター募集